どうして仕事をうっかり忘れてしまうのだろう?

一時的な記憶喪失は、年齢や性別からくるものではない。それは「妨害」からくるものである。

 

私たちはある目的において、厨房にいって入口の前に立ち、厨房で何をするつもりであったか疑問に思ったりする。お買い物のリストを追加するために来たか?キーを探すために?水一杯飲むために?誰が知る?頭の中がぼっとしている。

 

 “こういった出来事を私たちは冗談として「歳を取ったからうっかりしてしまう」と言うが、これは実際、幼児から年寄りまで、私たち皆に起こる出来事である」と、サンフランシスコに所在する仮復旧工大学の神経科学イメージング研究所創立理事であるアダム・ガザリ(Adam Gazzaley)博士が言う。

 

ガザリ博士は、脳映像技術を使って、記憶問題を研究することに数年の経験を持つ。彼は「私たちの脳は一連の連結網で成り立っており、相互コミュニケーションにおいて常に違った領域を利用する。何かを記憶する時、脳が新しい連結網をつくる。その連結網に断絶があった場合、記憶力の欠陥が発生する」と明かした。

 

それでは、何が断絶を起しているか?まさに妨害が集中力を落としてします。散漫した精神に妨害とは、携帯電話が突然鳴ったり、食堂の周辺のおしゃべり等何でもなれる。「人が妨害に露出されたら短時間でも情報を記憶できる能力が相当落ちてしまう。」とガザリ博士は言う。

 

記憶喪失(記憶力減退)を防止しよう。

 

妨害が生じても連結網を維持する人がいる。人の顔を絶対忘れなかったり、常に人の誕生日を記憶する人がいる。どうしてそれが可能か?ガザリ博士は「ある人は他の人より連結網を維持したり再活性化することが非常に優れており、まさにそういった点は、記憶力に個人差が生じる原因を理解することで、これが現在私たちの研究に対するキーポイントであると明かした。

 

それでは私たちは何ができるか?妨害を制限するように努力すること。「瞬間瞬間を遮断できることはできないが、当面したことに集中する方法を学ぶことはできる」と、ガザリ博士は言う。従って厨房に行ってお買い物リストに何かを書こうとするならば、携帯電話に応答したり、朝にあった打ち合わせの出来事などに精神を散らしてはいきない。彼は「現在行っていることを頭の中に繰り返し、その仕事を終えるまで維持してください」と、言う。

 

練習を通して情報を記憶できるように頭脳を訓練することもできる。ガザリ博士は「脳は適応力、または、問題がある時、ある仕事をもっとよくできる能力がある。私は記憶力が持続的によくなるようにしばしば記憶力をテストする。」と話す。一回トライするのはいかがでしょうか。今度お買い物に行く時はリストを作成せずに、何個を記憶できるか確認してみては。ガザリ博士は「4~5個までは安定的であり、最大限努力したら9個まで記憶できる」と言う。

 

名前を記憶する。

 

32才のジョージア州スモナ出身の料理者であり飲食店の経営者であるロリ・ローランド氏(Laurie Rowland)は「先週ある友達が私の事業の潜在顧客を紹介してくれた」と言いつつ、「その人と10分間会話したが、名前が記憶できなかった。どうしてこんなに重要なことを忘れてしまうのか?」と問い出した。

ガザリ博士は簡単に答えた。「真っ当に注意を払わなかったからだ。新しい顧客を確保することにどれだけ興奮しているかに重点をおいたが、または、良い印象を与えるために努力してたか知るまいが、脳が目の前のもの、この場合、相手の名前を記憶することに集中していない。今度新しい誰かを会う時、十分に注意を払ってみてください。そして、相手の名前を重ねて口ずさみながら脳内の情報を固めてみてください。」と伝えた。

FAX : (82) 070-7966-9254